忍者ブログ

絵画寸法表(油絵・日本画) - 額縁・画材・イーゼル

額縁・画材・イーゼルの額のまつえだ 額縁製造・ .... rss atom. 絵画寸法表(油絵・日本画) ... このサイズがもっともポピュラーなサイズで、描き上がった絵を額に入れる時も、レディメードの額がいつでも手に入るという利点もあります。

侃用十字架の玉座のキリスト像

この似用+字架の断片には‘不面にはキリストが、土
留旨算』翌え.」孟子遥琴鷺ツ誌臨
北フランスかイキリスダ窒断要Tるのはむずかしいン
玉座につくキリストの妥勢と些豆ちのタイプー卵示て
目(以前は黒いビーズがはや込実れていた)、への字升
の口ひげ、束に分翌n佐今らひワで.は、イギリス写木
と象牙彫のものと|司しであ会。しかし、イギリスのとくにウィンチェスター派の影響を受けて作られたサン・べルタンの写本の一部とも、様式上の類似点がはっきりと認められる。

フランスのサン・べルタン修
院とサン・バースト修道院は、イギリスの同修道会
密接に関係しており、ウィンチェスター派の様式は
ギリスのエ房だけでなく、ヨー口ッパ大陸とくにイ
リス海峡をはさんで対する地域に大きな影冒をおよ
していた。この+字架はイギリス人またはイギリス
修業を積んだ大陸の彫刻家がサン・ベルタン修道院で
制作したものかもしれない。
PR

ライオンのフレスコ画

中世の動物寓話集によれば、ライオンは目を開けたまま眠るため、キリスト教徒の用心深さを象徹する勧物である。このライオンは、もう1頭と対をなし、」サン・べドロ・デ・アルランサ修道院にあった。

アーケードと花のような1木の木の間に立って神猛にうなっている姿には、無敵のイメージがある。その下には魚をモチーフにした飾り茶が見える。このフレスコ両の自由な描線は、彩飾写木の文字の線を思わせる。

セサンド

インドネシアには、ヤシ(ボラサス・フラべリフエ
ラ)の葉のよい部分を選んで縫い合わせ、樹液を集め
る手湧を作る習慣がある。この手桶に似た形状のヤシ
の葉は、20本の針金の弦を短いブリッジに張った管状
の竹製のツィターの共鳴体となっている。優稚なデザ
インは実用的であると同時に演奏にも効果的である。

措置はもろいが壊れても安く取り替えることがで
き、軽量ながらよく反響する薬器である。演奏する際
は胸の前で身体に向けて開又-まうに垂直にもち、上
部を演奏者の首にかけたひもでつるし、底を膝の上に
置いた姿勢で、両手の指で弦をかき嶋らす。このよ
な管状のツィターは、東洋からの船乗りたちによって、
インド洋を渡りアフリカのマダガスカルにも持ち込まれた。歌や踊りの伴奏に合奏されることが多い。

男の肖像画

ハルスは多作な肖像画家であった。彼は、相応な金額
で、何度もボーズをとることなく、そっくりに描かれ
ることを望んだ中産階級の客たちの要求に応じて制作
することができたのである。一見シンプルにみえるそ
れらの絵を制作するためにいかに技術を要するか、気
がついていた人はごくわずかであっただろう。この肖
像画にみられる動きのない正面向きのポーズは、1650
年代初期のハルスの作品の特徴である。肌の色や藤色
と緑色のリボンが、黒と白の濃淡で描かれた衣装に対
して見事な対照をなしで生かされている。近づいて画
面を見ると、すべての甲で筆触がわかる。

しかし離れたところから見ると、観客の目の無意識の
作用によって、すべてはひとまとまりになり、激しく
すばやい筆致がひとつのフオルムとなってみえる。こ
の挑戦的な画法は、19世紀の画家たち、とくにマネや
サージェントに深い感銘を与えた。

メズタン


メズクンという名前は「半分」を意味し、イタリア生
まれの即興劇、コメディア・デラルテのキャラクター
のひとりである。彼は恋にもろく、感傷的で、報われ
ない恋を追う片思いの従者である。背を向けた大理石
の女人像が立つ緑濃い庭園の前で彼が歌っているとこ
ろが描かれている。女人像は彼の。マンティ・ソクな愛
の!葉に耳を傾けようとしない女性を暗示する。ヴァ
トーは、芝居の衣装を伯けた友人や役者たちを数多く
描いたが、この絶妙で、憧れを託した作品のモデルが
誰であるかはわかっていない。ヴフトー示坂t又圧亜示
終わりに近い1717年から19年に制作された。