忍者ブログ

絵画寸法表(油絵・日本画) - 額縁・画材・イーゼル

額縁・画材・イーゼルの額のまつえだ 額縁製造・ .... rss atom. 絵画寸法表(油絵・日本画) ... このサイズがもっともポピュラーなサイズで、描き上がった絵を額に入れる時も、レディメードの額がいつでも手に入るという利点もあります。

ベレッリ家の肖像(ベレッリ家の人々)

印象派の巨匠エドガー・ドガ初期の重要な作品『ベレッリ家の肖像(ベレッリ家の人々)』。本作はドガが1856年から1859年までイタリアのフィレンツェに住んでいた叔母ラウラ・ベレッリの家に滞在した時に描かれた作品である。(死去した祖父を偲び)喪に服すかのように黒服に身を包むラウラ・ベレッリは、祖父の素描的肖像画がかけられる壁の前に毅然と立ち、無表情に(又は無表情を装い)一点を見つめている。

また画面左には母ラウラに寄り添うように立ち観る者と対峙している長女ジョヴァンナが、画面中央で椅子に座る次女ジュリアは父親の向いた姿で描き込まれている。ラウラと娘らの衣服に共通点や母と娘の関係性が見出せる一方、ナポリ貴族であった(ドガの叔父にあたる)ベレッリ家の長ジェンローナ・ベレッリはそれらと一線を画すかのように、黒色の椅子に座る後ろ姿で描かれている。
PR

画面内に統一感を持たせているのである


この薄青色の裏地の日傘を手にした母と、ひなげしを持つ子は、画家の妻であるカミーユと息子ジャンをモデルに描かれた。また丘の上には、これもルノワールの『草原の坂道(夏の田舎道)』同様、もう一組の(おそらく)親子が配されている。本作で最も注目すべき点は、鮮やかで対比的な色彩の使用と、色彩による画面構成である。

ほぼ中央から上下に分けられる本画面は、上部が空の青色と雲の白色が、下部がひなげしの赤色と叢の緑黄色がほぼ全面的に支配している。特にひなげしの赤色と空の青色との鮮明な対比関係は観る者に爽快感と強い印象を与えているほか、白色、緑黄色を的確に配置することによって、それらをより効果的に引き立たせている。さらにほぼ水平に背の高い木々や一軒の家屋を連ねて、ほぼ水平線上へ描くことで上下が分離し過ぎず、画面内に統一感を持たせているのである。

毛布利用に1400円要求され乗客逆上、米航空機が行き先変更

米ハワイアン航空(Hawaiian Airlines)のラスベガス(Las Vegas)発ホノルル(Honolulu)行きの便が8日、毛布の利用を願い出た乗客男性(66)が12ドル(約1400円)の支払いを要求されて逆上し、規則に従わなかったとして、ロサンゼルス(Los Angeles)に行き先を変更する騒ぎがあった。地元警察が明らかにした。

 ロサンゼルス空港警察の報道官、ロブ・ペドレゴン(Rob Pedregon)氏がAFPに語ったところによると、離陸後に寒気を感じた男性は毛布を使いたいと依頼したが、料金として12ドルを要求されたため激怒し、ハワイアン航空の代表者と話がしたいと要求したという。

 ペドレゴン氏は「機内からの電話で男性は『この件で誰かをたたきのめしてやりたい』と言ったらしく、パイロットはこれを脅迫行為とみなし、ロサンゼルスへの針路変更を要請した」と述べた。

 旅客機がロサンゼルスに到着後、警察当局と米連邦捜査局(FBI)の職員が男性と客室乗務員から事情を聴き、違法行為はなかったと判断された。男性は同じ便での移動を断念し、別の便に乗り換えたという。

アントウエルべンに新しい経済と文化の隆盛をもたらすのに貢献した


 彼はこの機会に、レルマ公なと、宮廷の成貝の肖像画を描いただけではなく、王の豊かな美術収集に親しく乗むことができた。ルーべンスは、4の没後、家の後始末をするために、1608年にアントウェルべンに帰った。

 それはもともと短期滞在の予定で、直ちにイタリアに戻るつもりだったのだが、彼は結局この故郷の町に定住することになった。彼は時機に恵まれていたといえる。1609年に南と北の言指州の間で締結された休軟条約は、アントウエルべンに新しい経済と文化の隆盛をもたらすのに貢献した。

孤立しながらも自己充足的な時問の中に浸っている

1660代前半の女性単一像作品に登場する女性たちを概観して言えることは、日常の生活環境において何らかのきっかけで内的世界に沈潜している一人の人間の姿を表現していることである。

これらの作品は、風俗画の伝統を理解しながらも、風俗画の外面的なモチーフの上のヴアリエーションに捉われることなく、自己の画面に別世界を|削拓しようとするフェルメールの試みであった。他の作品とかてクローズアップされた女性単一像は、画面全体を覆う微妙な社陰影によって優しく包まれ保護されて、孤立しながらも自己充足的な時問の中に浸っている。