忍者ブログ

絵画寸法表(油絵・日本画) - 額縁・画材・イーゼル

額縁・画材・イーゼルの額のまつえだ 額縁製造・ .... rss atom. 絵画寸法表(油絵・日本画) ... このサイズがもっともポピュラーなサイズで、描き上がった絵を額に入れる時も、レディメードの額がいつでも手に入るという利点もあります。

B・スピアーズさん死去? レーベルのツイッター乗っ取りで偽情報

大手音楽レーベルのソニー・ミュージックエンタテインメント(Sony Music Entertainment)のツイッター(Twitter)アカウントが26日、一時乗っ取られ、米歌手のブリトニー・スピアーズ(Britney Spears)さんが死亡したという偽のツイートが流れる騒ぎがあった。同社は投稿を即座に削除し、説明に追われた。

 同社を偽った投稿には「安らかに眠れ@britneyspears #RIPBritney 1981-2016」「ブリトニー・スピアーズが事故で亡くなりました。詳細はすぐにお知らせします」と書き込まれていた。

 同社は直ちにこれらの書き込みを削除。「ソニー・ミュージックエンタテインメントのツイッターアカウントが不正アクセスされた。問題は修正された」と説明した上で「ブリトニー・スピアーズさんと彼女のファンを混乱させたことを謝罪する」と述べた。

 スピアーズさんのマネジャーのアダム・レーバー(Adam Leber)氏は米CNNに対し「ブリトニーは元気で健康だ」と語った。スピアーズさんは25日、迷彩服を着て屋外で楽しむ自身の子どもたちの写真をインターネットに投稿していた。

 スピアーズさんをめぐっては、2001年にも米テキサス(Texas)州のラジオ局が、スピアーズさんと当時の恋人ジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)さんが自動車事故で死亡したと伝え、パーソナリティー2人が解雇されている。
PR

事実そのようが装はしてはなかった


 村の床屋と彼の助手とは、161l!:紀を思れせるスリットの入った半ズボンや、袖にスリットの入った1J'を着川l,ているが、オスターデの時代のオランダでは、事実そのようが装はしてはなかった。

 また極めて稀にしか実際に労働している農民は描かれていない一彼らは大抵、笑ったり、酒を飲んだり、煙草を吸ったりしているだけであるーという事実も、このウィーンの絵には17世紀における田舎風のオランダの生活の一端が再現されている、という見解に対して異議を巾し立てるのである。

彼にはそのような解決を与える力があったのだと信じてもよいのではなかろうか


こうした疑問視に対し、この作品も間違いなくその中に数え入れられる、後年の数々の自画像は保存状態が悪いので、という言葉を返すことはできる。だがその言葉は、この絵について明確な判定を行うことを毛わしくしてしまう。

よくよく考えて魂れば、レンブラントは彼の絵画のために、いつも繰り返し著しく普通とは異なる解決を見いだして来た芸術家である。従って自画像の場合にも、彼にはそのような解決を与える力があったのだと信じてもよいのではなかろうか。

なぜ「そんなことができるんだ?」

一般的に中国でも台湾でも、「日本人は清潔さを愛する国民」という評判があり、また日本旅行から帰ってきた中国人たちのなかには「もっとも印象に残ったこと」として、日本の清潔さを挙げる人は多い。

 中国メディアの今日頭条は18日、「なぜ日本人は中国人よりも清潔さに配慮できるのか」というテーマについて論じる記事を掲載した。記事はある中国人記者が日本で何人かの一般市民にインタビューを行った様子を紹介している。

 記事によれば、中国人記者は何人かの日本人に「外出時に出たゴミをどう処理しているか」を訊ねたが、その答えは全員同じであった。すなわち小さな袋にゴミを入れ、その袋を自分の鞄に入れて家に持ち帰って処理するというものであり、全員がそれを「当然の行為」として日常的に行っていると回答した。

 さらに記事は、日本の街にゴミが落ちていない理由について、日本人女性の見解として「街が清潔であれば、人びとも清潔さを維持しようとするが、街が不潔であれば誰も配慮しなくなるため、ますます不潔になっていく」と説明し、日本が清潔なのは清潔さを保つために日本人が意識して取り組んでいるためであることを紹介。

ファン・ダイクでは、行為の主役たちの相互にかかわり合う関係の方が注目されるのである

これと比較する時、直ちに二人の芸術家の根本的な芸術的見解の相違が明らかになる。ルーベンスにおいては、古典古代の先例に遡る人物像の彫塑性が注目されるのに対し、ファン・ダイクでは、行為の主役たちの相互にかかわり合う関係の方が注目されるのである。

彼はアントウェルべンで修業を積んだのだが、文献上の記録では、17世紀初めの数十年間にわたるアントウェルべンでの静物画と動物画の指導的な画家であったフランス・スネィデルスの下での修業を裏付けるものは見いだせない。